読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新ECおもろ

ECのちょっと先の未来を妄想してます。

Warby Parker(ワービーパーカー)のTechCrunch2013/05/07記事訳

EC WarbyParker

Warby Parker(ワービーパーカー)のTechCrunchの記事を意訳してく。

主に自分用(spice life用)なので、誤訳もあるかもしませんがあしからず。

 

Warby Parker(ワービーパーカー)は2010年2月創業。

この記事は2013年5月なので、創業から3年3ヶ月後の記事。

 

techcrunch.com

 

タイトル:ワービーパーカーが成功するブランドをローンチするためにした3つのこと

 

内容

ワービーパーカーは、多くのライフスタイル/テックのハイブリッドな企業と同様、多くの零細企業がリアルブランドをローンチしようとするときに見られる問題に直面した。それは、いかにストーリーを人々の共感を呼ぶものにするか?だ。

 

共同創業者のNeil BlumenthalはWired Digital Conferenceで”ミッションドリブン”企業としてのワービーパーカーについて語った。彼は言った。アイデアは、飛行機の椅子のポケットに700ドルするメガネを友だちが忘れた時にやってきた。700ドルのメガネを作っているアジアの同じ工場で作られたメガネのいかに安いかを見てきている。検眼医と関係してこの摩擦を減らせるのではないかと想像した。

 

「私たちがやることすべてに対しての強力なビジネス上の理由付けだった。私たちはこの世の中で良いことをしたい」、と彼は語った。

 

ワービーはまだ3年の会社だ。Blumenthalや他の共同創業者は一年まるまるをいくつかの基礎的な仕事をする事に費やした。ブランド周辺の物語つくり上げることを含めて。

 

「私たちは最初の1年はたった3つのことに投資をしてきた。最初のコレクション、ウェブサイト、PRの3つを始めることだ。」と彼は言った。Blumenthalはのちに社会的責任のあるミッションを持つことの重要性についても語った。ここでは、1つ買うと1つ寄付するという”Do Good program”のことだ。それは販売を加速する影響をもっている。Blumenthalによれば、そのようなビジョンを持つことはカスタマーロイヤリティと口コミを増やすし、今現在のワービーの売上の半分は口コミによってである。

 

最後のステップはなにか?認知をあげることだ。NYへの移転や、ポップアップショップを作り始める前でさえ、初期のワービーのチームはお客様がオフィスフィラデルフィアBlumenthalのアパートとして知られている)にメガネの試着に来ることを許していた。彼らはとてもラッキーだ。ビジネスが軌道に乗った。

 

「私たちがローンチした時、48時間で在庫切れのために home try-on program を一旦停止しなければならなくなった。」という。

 

ワービーは、オフィスに来たがるお客様がエレベーターをあまりにも使うのでエレベーターが壊れてしまい、SOHOのオフィスを追い出されるほどに成功してしまった。