読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新ECおもろ

ECのちょっと先の未来を妄想してます。

2016年4月に読んだ本感想まとめ

read books

2016年4月に読んだ本。

 

2016年4月は10冊。

 

4月は2日に1冊ペース(つまり月15冊)目標だったので大幅に未達。。。

2月、3月、4月と未達が続いてる。

 

5月も同じ目標にするが、5月も10冊程度の場合は目標切り替える予定。

 

 

#読んだ。著者が取材した昭和の怪物たちを紹介する本。面白い。怪物たちはやることに信念や戦略がある。なるほどなあと思う事多かった。#オススメ

 

#読んだ。雑誌は基本カウントしないんだけどこれは内容が濃かったので。14ページのインタビューやばい。経営者は必読でしょうねこれ。

 

#読んだ。サラッと読める。 企画の内容よりもなぜそれが企画となるのかの説明のほうが面白いねやはり。人気番組となった番組も最初は苦労しているのがよく分かる。時代や本質を掴んでいれば続けていくうちに理解される評価されるのは何でも同じだなあ。

 

#読んだ。メチャ面白く、メチャつまらない。スゴイよく分かるし、全然よくわからない。そんな本。

 

#読んだ。経営はチーム。トップマネジメント次第で会社や社員の成長は変わる。それを肝に銘じて時間をかけてやっていくしかない。経営幹部向けの本として #オススメ GWはドラッカーの本読みかえそうかなあ。

 

#読んだ。ううむ。正直言って全く響かなかった。なぜこれを買おうと思ったんだろうというくらいに。

 

#読んだ。これはPRに関わる人必読の本なのでは。

 

#読んだ。本田宗一郎の話は3分の1くらいで宗一郎がいないHONDAの話。極秘プロジェクトで社内でも金食い虫と言われてしまっていた人たちの成功の物語。30年スパンで開発、現実の話と知ると自分の小ささが分かるなあ。もっと未来を見ていきたい。

 

#読んだ。タイトルから想像するにある程度知ってる人向けな感じかと思ったけど初心者向けだった。 機転を利かせたりやり方を変えることで一見難しい局面も有利にできることもある、ということがわかるので初心者にはいいと思う。

 

#読んだ。なるほどなあと思う箇所は特になく、そうだよなあとそうかなあだった。そうかなあを自問自答してキチンと答えが出てくればそれでいいかなという印象。

2016年3月に読んだ本感想まとめ

read books

2016年3月に読んだ本。

 

2016年3月は10冊。

 

3月は2日に1冊ペース(つまり月15冊)目標だったので未達。。。

時間なかなか取れないとはいえ、目標との差がでちゃったなー。良くない。

4月も同じ目標にします。

 

‪#読んだ‬。これはかなり役に立つ本。個人や事業や会社どのレベルでも役に立つ。そしてやろうと思えば誰でも出来ること。 いくつか試していきたい。

 

#読んだ。分かりやすい本。社内プレゼント社外プレゼンの違いも分かる。誰でも参考になることありそう。 社内に必要な人もいそうだから貸してあげようかな。

 

#読んだ。spicelifeは広報を自分ともう一人のふたりで手探りでやってるんで、こういう本は本当にありがたい。 もう一人にも読んでもらおっと。

 

#読んだ。スピードだけじゃない。量も質も。な内容でした。 量をこなすためにはスピードが必要、スピード意識して仕事してれば量こなせる、量こなしてれば質も上がる、捨て案があっても気にしない、とにかく相手の予想を上回ることをやる。 デキる人はホントこういう仕事のし方してる。

 

‪#読んだ‬。全部出来たらマジ日本変わるなーこれ。 幾つかの分野で自分たちも役に立てるよう頑張りたい。

 

#読んだ。まあそういうことだよね。言葉以外でのメッセージから本音を見抜く力量を持つ、ってのは仕事だけでなく人とのコミュニケーションでもそうかもしれない。経験して高めていくしかない。 1人で考えるより他の人との対話から気づくことが出来るというのも特徴かもな。

 

#読んだ。PRの力が分かる本。今はソーシャルで拡散される時代。自分たちの取り組みがどういうことを改善していくのか、良くしていくのかをきちんと伝える仕組みとして企業はPRに取り組むべき。 うちもネット中心にもっと伝えていきたい。

 

#読んだ。日本人の知らないトヨタ、ときたのでこれはぜひ知りたいと思っていたが、けっこう自分は知っていたという。 リーンスタートアップの本がはやった時にリーンはトヨタからきてるというのを知ってトヨタ関連けっこう読んでしまったからある意味トヨタの中の人が語る本以外は必要ないかもなあ。

 

#読んだ。今後10年でドローンによってどう世界が変わるのかある程度見える本。 クリス・アンダーソンへのインタビュー、もっと濃い内容だったらよかったなあ。

 

#読んだ。新規事業を成功に導くためのノウハウ。これはめちゃめちゃ実践的!ただ経験ある程度積んでないと理解は出来ても自分の事業に当てはめて考えることがムズイかもしれないけど。 なのでこの題名なのかもしらん。 自分的にはけっこうオススメの本。

 

Tシャツをネットで売りたい人にどうやってSTEERSを発見してもらうかについて考えている。

for me I think...

ツイートポエムったのを残しておく。自分のためにも。

 

Tシャツをネットで売りたい人にどうやってSTEERSを発見してもらうかについて考えている。アイデア求めてますw

 

Tシャツを仕入れて販売している(しようとしている)人に聞くと、いままでの固定観念で仕入れをしてからでしか販売できないと思っているフシがある。つまり、仕入れずに販売できるなんて思ったことがないというか。

 

仕入れして販売しようとしているひとも、ではどこで販売する予定ですか?と聞くとネットで、と。ネットでなら、わざわざお金出して仕入れしなくてもカラーもサイズも販売できて売れたら売れた分だけ収益することができる、と知るとなんて素晴らしいんだ、となる。

 

ずい分前からネットでそういう売り方は出来たんだけど、知られていないんだなーと。自分が知っていることと世間が知っていることには乖離があり、知られていると思っていたことも知られていない。

 

いろんなグッズ販売できます、ではなく、Tシャツを販売できます、しかも利用料・制作費0円、在庫を持たずにだれでも、に特化して知っていってもらうことが大事なのかもな。Tシャツはわかりやすくて具体的なイメージが湧く。

”6年生に経済学、ゲームで教える市場の仕組み”の記事を読んで。

I think... STEERS

ツイートしたけどブログ記事にも残しておく。

 

STEERS(ステアーズ)使ってこういう事できないかなあとぼんやり思ってる。

  • 期間限定販売
  • 5枚以上で製品化、未満なら未成立

なので結果が分かりやすい。

 

実際はほぼほぼ製品化されないと思う。だけど自分の作ったものがもしかすると製品化されるかもしれない。

 

お金を稼ぐことがいかに大変か分かるので親に感謝もするかもしれないなあなんてこと思ったり。

 

newspicks.com

2016年2月に読んだ本感想まとめ

read books

2016年2月に読んだ本。

 

2016年2月は10冊。

 

2月は2日に1冊ペース(つまり月14冊)目標だったので未達。。。

3月も同じ目標にします。

 

#読んだ。織田信長について知りたくなり手軽な歴史小説を手始めに。織田信長が主役で進む話というより、斎藤道三織田信長明智光秀の人に焦点を当てた物語。

 

#読んだ。後編。織田信長が主役というより明智光秀が主役で進む。織田信長を知りたい自分としてはちょっと期待はずれな気もするが、秀吉、家康も登場し歴史小説としてはかなり面白い。読むのを止められなくなるほどだった。

 

#読んだ。今年の漢字、うどん県などをブームにした著者の本。発想の視点を変えることで価値が生み出されていくさまが描かれていて面白い。自分のPR脳を使うときに役立てたい。

 

#読んだ。文藝春秋をつくった菊池寛の人物像を周りの人の証言によって語る本。粋で今の日本の礎をつくった人だった。

 

#読んだ。孫が語る菊池寛最後の夜とその後数日の話。さらっと読んだ。

 

#読んだ。サラッと読める。分かりやすいし実際の経験から語られているので説得力がある。 自分的には少し物足りなかったかな。

 

#読んだ。この本はすごい。原理というか根本のことを突き詰めていくので頭がおかしくなりそうになる。深淵を覗きこむ感じ。著者は気を保ちつつよくこのレベルでおかしくならずに本を書けるなあ。尊敬する。 下も楽しみ。

 

#読んだ。オフィス移転にあたり気になり読んでみた。 移転というタイミングじゃなくてもオフィス環境を良くしたいなら一読するのオススメ。日本でも企業の大小関係なく何かしら取り組めることが書いてあると思う。

 

#読んだ。サラッと読める。ビジネス初心者向けなのかな。 自分にとっては再確認できたという感じ。

 

#読んだ。さらっと読んだ。あんまり今の自分の興味とはあってなかったかな。

 

2016年1月に読んだ本感想まとめ

read books

2016年1月に読んだ本。

 

2016年1月は14冊。

 

1月は2日に1冊ペース(つまり月15冊)目標だったので1冊足りず。 

 

2月も同じ目標にします。

 

 

 

スーパーパワー ―Gゼロ時代のアメリカの選択

#読んだ。世界が変わってくのが分かる本。日本はそのために今手を打っているのではないかと考えるといろんなことが繋がる気がする。 http://amzn.to/1mBUqmQ

 

チームのことだけ、考えた。―――サイボウズはどのようにして「100人100通り」の働き方ができる会社になったか

#読んだ。胃がキリキリするような内容ではなかった。いろんなことに対してシンプルに細かくして何が本質なのかを見極めるっていうことをひたすらやってる感じ。自分の考えと似てるがそれを応用する範囲が自分より広いと感じた。

 

現場からオフィスまで、全社で展開する トヨタの自工程完結―――リーダーになる人の仕事の進め方

#読んだ。うーん。自工程完結ってそういう意味なのね。スタートアップ的にはこういう環境ではないのであんまり役に立つ情報ではなかった。

 

こころの王国―菊池寛と文藝春秋の誕生 (文春文庫)

#読んだ。菊池寛についての本数冊買った中の1冊。文庫版は2008年なんでそこまで古くない本。 巻末の井上ひさし猪瀬直樹の対談がかなりよかった。 今の時代にも通用するというか逆により必要になってきたことだと思う。

 

2020年世界はこうなる

#読んだ。2020年と比較的近い未来の本。2016年1月12日時点ですでに違っていることも含まれているので、いいところ読みがよいかと。

 

肉食女子の肌は、なぜきれいなのか? 細胞から整える分子整合栄養医学のすすめ

‪#読んだ‬。 ”人間の体は食べた栄養から出来ており、必要な栄養素の不足や乱が病気や老化の原因”、とする分子整合栄養医学の本。 アーユルヴェーダとも似てるがちょっと違う。 分子整合栄養医学での血液検査は自分の体を知るのにはいいかも。 考え方とか好きなんだけどなー、これを続けるのは大変だと思う。その人にあった栄養素の処方やらそれを知るための検査は保険が効かないので費用かかるのよね。

 

「ない仕事」の作り方

#読んだ。やばい、センスが凄すぎるわ。 凡人の自分でも参考になる具体例が多数あり、ここまで公開していいのかって感じ。 面白いしタメになります。

 

見込み客の心をつかむウェブマーケティング戦略

#読んだ。パラパラ読み。知っていることを再確認した感じ。

 

リーダー論 (講談社AKB48新書)

#読んだ。サラッと読める。アイドルのトップのグループをまとめる存在ならやはりいろんな苦労がある。努力し成長した著者の今までの想いと記録だねこの本は。

 

なんでもホルモン 最強の体内物質が人生を変える (朝日新書)

#読んだ。こういう健康増進や体質改善系の本はいろいろ読んでるけど、まあなんとなく予想出来る内容でした。 細かいことに違いはあれど、結局結論だいたい同じよね。

 

会社という病 (講談社+α新書)

#読んだ。確か日経かなんかでオススメされてたので買った本。 なんというか、スタートアップにはあんまり関係ないかも。逆に言うと大企業はいろいろ大変そうだなー。

 

愚か者

#読んだ。前半は前著と似ていて後半は政治の世界の話で自分があんまり興味ない世界だった。いろんなことをやっていてすごい。

 

安売り王一代 私の「ドン・キホーテ」人生 (文春新書)

#読んだ。何もないところからの成功物語。波乱万丈、逆張りな経営。ハングリーだからというよりなんだかんだで勉強熱心で筋が通ってるからこその成功だと思った。

 

ゼロ秒思考[行動編]―――即断即決、即実行のトレーニング

‪#読んだ‬。 即断即決、即実行のススメ。時間管理にも繋がる。自分的には前著で充分だったかな。

 

2015年に205冊読んだ中のオススメ12冊

read books

2015年を振り返ってみると、読んだ冊数は、205冊でした。

2014年が235冊だったので冊数としては少なくなりました。

 

 ” 3年で1500冊読めば、経営者として一人前になれる”

という尊敬する経営者の言葉を真に受けて始めた多読ですが、 1年当たり500冊読まないといけない計算、全然足らないという。

まだまだ経営者として一人前になる道は長そうです。。。

 

今年は250冊位は読みたいところですがさてさて。

 

でせっかくなんで、読んだ205冊の中からこれは面白かったという本を12冊選んでみました。

興味あればぜひ手にとってみてください。

 

 2015年の12冊

ジャック・マー アリババの経営哲学

読んでて孫子の兵法を思い出す内容。 ジャック・マーってエリートなんだとばっかり思ってたけどそんなことないんだね。初期はかなり苦労しているし。 いろいろ刺さる言葉もあるし、読みやすいしおすすめです。

 

鈴木敏文 仕事の原則

素晴らしい内容。仕事における仮説と検証の重要さ、情報収集と共有、コミュニケーションの大事さが分かる。 光る文章が多数あり。仕事をするすべての人に

 

堤清二と昭和の大物

これは面白いなー。戦後の日本の復興の立役者達がバンバン出てくる。そして昭和はビジネスとはいえ一歩間違えば殺されるかもしれないという世界だったことも。そりゃー胆力ハンパないよなあ。これがほんの4、50年前の日本の話。 あと、今の渋谷になったのは西武が来てからなんだね。それまでは渋谷はしょぼい街だった。多才とはこういう人物のことを言うのだろうな。

 

お客様満足を求めて

良い!シンプルな内容だけどすごいいい!!経営者向けの本かな。おすすめする本も載っていたので幾つか買った。 本を読んでさらに興味が広がるような出会いは素晴らしい。

 

頂点への道

まさに今読む本。旬な本というか。 読む前は錦織圭がホントに書いたのかな?忙しいのにと思ってたんだけどw、ブログの文章を利用しているのでほんとに書いてる内容。 時系列で2010年から(20歳という若さ!)進んでいくので成長が目に見えてわかる内容。 リハビリ、から話は始まる。そして誰もが知る2014年へと進んでいく。 ほんわかした感じで語られているが、その実、トップアスリートの勝負の世界の話は胸が締め付けられ胃がキリキリする。‬

 

HARD THINGS

これはすごいな。読む人の経験によって全く違った感想になりそうな本。 自分は、読んでて緊張しました。 何度も読むだろうし、幹部にも読ませたい本です。

 

TSUTAYAの謎 増田宗昭に川島蓉子が訊く

増田さん、めちゃめちゃ未来が見えている。こんなに深くネットのことも含め社会がどう変容していくかを考えている人だったとは。思っていることなんだけどうまく言語化できていないようなことがスッと言葉になっていてそうそうそう言うことだわ、と感心。 ライトな内容の本を想像していただけにいろいろ収穫の本でした。

 

 

ヒップな生活革命 (ideaink 〈アイデアインク〉)

今アメリカで起きている新しいライフスタイルが分かる本。具体的な地域はポートランドとニューヨーク・ブルックリン。 まさに今回自分が視察している場所ww この本を読んで、この視察をしたくなったわけではないけど、 この本を読むと、なんで今この地域がブームになっているのかはわかると思う。

 

孫正義の焦燥 俺はまだ100分の1も成し遂げていない

世の中を変えたい、世界で勝負しようと考えている経営者は必読書だなこれ。 ユニクロ柳井さんへのインタビューも素晴らしかった。

 

シンギュラリティ大学が教える飛躍する方法

これは面白い。 この本によれば、20世紀は直線的成長だが、21世紀は指数関数的成長で今後15年に起こる変化は今までの15年の破壊的変化が穏やかに見えるほどになるだろう、と。 自分が見ている未来もそれに近い。インターネットテクノロジーであらゆるものが変わっていく。

 

 

エディー・ジョーンズの日本ラグビー改造戦記―ジャパン進化へのハードワーク

専門用語分からないけど面白かった! 2015年ワールドカップが始まる前までの物語。 世界のTOP10に入ることを目標にし、ひたすらハードワーク。 途中の結果は気にせず目標に向けて内容が良ければそれは問題ないと考える。 何の世界にも通用する内容。

 

 

ボールド 突き抜ける力

ここまで自分がやろうとしていることに近い内容だとびっくりするわ。 知らないこともあったし、ビジネスに活かせる内容も多くてまさに自分にとっては今読むべき本でした。 こういう本との出会いは楽しい。