新ECおもろ

ECのちょっと先の未来を妄想してます。

2017年8月に読んだ本感想まとめ

2017年8月に読んだ本。

 

2017年8月は12冊でした。

10冊目標なんで達成。

 

9月も同じ目標で。

 

#読んだ。どんな人生を送りたいと思っているのかでそれぞれ幸福って変わる。わかりやすい8つの人生パターンがあるし、さらに個人で複数のパターンを行き来する事もありえるので、こういう人生でもいいんだよねとなんか納得させられたなあ。 こういう人生が幸福である、という今までの世の中の画一的な概念を外せるので、新しい自分に出会えるかもしれない本だと思う。

 

#読んだ。医療のオーダーメイド化はすぐそこまで来てる。今後10年で日本も激的に変わっていきそう。 アーユルヴェーダについても紹介されてるんだけど、自分手荒れがひどくていろんな病院行っても治らず、仕事にも生活に支障をきたしていた時期があるんだけど、アーユルヴェーダ行ったら10日程度で完治した、という経験があり、アーユルヴェーダは2,3年周期で定期的に行こうと思ってる。

 

#読んだ。これはアツい。色んな場面で勉強になる。経営者必読の本。

 

#読んだ。正直、内容期待したほどではなかった。知ってることが多かった。

 

#読んだ。わかりやすい。リクルートもどんどん事業立ち上げ、ダメだったら撤退、うまく行けば次のフェーズへ、を繰り返してる。 黒字化したとしてもその後の伸びしろが小さいなら撤退、という判断基準も自分もそう思っていたので間違ってないと確認できてよかった。 規模感は違うけど、自分がやりたい方向性に近いことをやってるんだなあと思った。

 

#読んだ。閉じた帝国か〜。そうなるような気もするしならないような気もする。まあ時間軸の話かもしれないが。 現在の形の資本主義がもうもたないってことと、未来を過去の歴史から推察する、というのは同意だな〜。

 

#読んだ。人生には楽しいことも辛いこともある、そしてその大きさも色々。辛い時に自分や周りやそのモノゴトとどう向き合い前に進むか、その考え方などを教えてくれる本。 安易な自己啓発的な本ではなく、胸をえぐるような体験から来たリアルな告白的な本で感情移入すると辛くなるが光も見える感じでビジネス本としては珍しい本だと思う。

 

#読んだ。シンギュラリティは必ず来る、そのときにどうするか。 いろんなことが起こるのだが、それら1つ1つが妄想とミライを見通した確信なのかわからないけど、なんとなくこういうことはあり得るだろうなあということは分かった。 AIが神になると言う意味も読むとわかります。

 

#読んだ。分かりやすく読みやすい。専門的な話というよりはビジネスに役立つ教養的な話。 理想のリーダーなんて実は大して実在しないし、実際に出生している人は真逆の人も多いとか、こうあるべきという理想と現実の違いや適用範囲があることを教えてくれて楽しく読めた。

 

#読んだ。未来予測本。何が起こるかわからない未来でも方向性はだいたい分かる。自分の影響する範囲をある程度決めて、他人事ではなく自分事として考え行動していくしかないね。

 

#読んだ。『イノベーションのジレンマ』の著者の新刊。期待して読んだけど、他でも言われているようなことを視点を変えて新しい表現で説明した、って感じの本だった。

 

#呼んだ。経営者向けの本。成功の法則ではなく、衰退の法則。 社内の組織や環境がどういうふうに変わっていくと衰退に近づいていくのか、がオーナー企業と非オーナー企業に分けて知ることが出来る。 実際はどう捉えるかモノの見方次第で解釈が変わるので注意が必要だとは思うが、衰退しない組織づくりはうちの会社の規模感的に必要となってきているので得たことを活かそうと思う。

 

2017年7月に読んだ本感想まとめ

2017年7月に読んだ本。

 

2017年7月は9冊でした。

 

10冊目標なんで1冊足りず。

8月も同じ目標で。

 

#読んだ。事例・実績をどうビジネスに活かすか、どう作り運用すべきかなど実例豊富に書かれた本。 BtoB向けで書かれているが、BtoCにも応用できる内容なので早速活かしたい。

 

#読んだ。反脆さ、最初とっつきにくいが分かると視野がブワッと拡がる。 思考レベルを上げる本だなこれ。 下巻ももちろん期待。

 

#読んだ。上巻ですでに反脆さについて飲み込んでいたので、下巻はけっこうサクサク読めた。 身銭を切る、はぐっと来たな。

 

#読んだ。この前読んだタレブの反脆弱性と同じ匂いを感じた。読んでいてこういう時代だからこそ自分は生きていけるんだろうなと思った。

 

#読んだ。オグルヴィの本。「ある広告人の告白」のほうが自分向きだったかな。

 

#読んだ。なんというか、そうだよなと思うことが多かった。 あまり新しく得るものがなかったというか。 ネット業界の働き方ってもうすでにこんな感じだと思う。 逆に言えば学習せずに通用する世界でないというか、置いて行かれてしまうというか。

 

#読んだ。本屋でふらふらと本探していて、 ”これからはどの日本企業にとっても、M&Aは避けて通れない” というフレーズが気になって手に取った本。 事例が豊富なのだが、これがうちのような企業にも当てはまるのかがよくわからなかったな〜。 大筋は同意だけど10年スパンでノウハウを貯め続ける必要があるとのことだがそんなにかかるものなのかなど。 たぶんまだ自分はステージ的にここにたどり着いてないってことなんだろう。

 

#読んだ。単なる成功話ではなく、ザッカーバーグの考えの軸に沿った紆余曲折含めた話。 自分の思う未来を見据えてやるべきことを逆算してやるのは経営者は当然だと思うが、その時その時の内部外部環境や否定的な意見を踏まえつつも前進していく姿はマジかっこよすぎる。 ビジネスにはあまり興味ないって公言してるのは何周も回ってる感あるなあ。 経営者にはおすすめ。

 

#読んだ。動画配信を中心にした既存の動画系メディアの将来の話。サラッと読める。 自分的には面白く読めました。

 

2017年6月に読んだ本感想まとめ

2017年6月に読んだ本。

 

2017年6月は8冊でした。

 

10冊目標なんでクリアできず。

7月も同じ目標で。

 

 

#読んだ。 Airbnbを生み出した創業者3人の今までの物語。 いろんな問題にぶつかりつつも乗り越えていく話。 起業家は必読書だなこれ。

 

#読んだ。 CEOのイメルトは「シリコンバレーのスタートアップのマインドセットを130歳近いエンタープライズであるGEに植え付ける」として働き方、仕事の進め方、文化などを参考にする程度でなく完コピしたそう。 シリコンバレー式デジタル製造業への挑戦、というだけの本気度を見た。 アメリカでは製造業すらシリコンバレー式に変わりつつある。この流れを日本の製造業の企業トップも見て改革していかないと手遅れになるんだろうなと思った。逆に言えばそれが出来るとチャンス多そう。

 

#読んだ。サラッと読めた。親族への事業継承など半分くらいは自分の立場や環境と違う話だったのでパラパラ読み。他の本でも書かれているようなことが多かったかなあ。

 

#読んだ。 日本ではよく言われる、人に感謝し謙虚に、ってことだね。 徳の話だと思うが、海外だとあまりこういう話しってないのかなあ。

 

#読んだ。芯の通ったビジョナリーな人って感じ。まさに投資家という感じ。筋が通らない事に我慢できず、それで損することも多々ある、そんな人間性が見えて親近感がわきました。素晴らしい人だと思った。

 

#読んだ。広告についてのクラシック、バイブル本。 今更ですが読んだことなかったので。 内容とはずれるが、やはり名著と呼ばれるようなクラシック本は読んでおくべきだな 。 買って全然読んでいない本とかあるんで読まねば。

 

#読んだ。高城さんのメルマガ読んでる人でも新しいこと満載な感じ。アジア編に続くようなので楽しみ。

 

#読んだ。 今回は東京電力野村証券昭和電工などなどの経営者でした。 今は誰もが知る企業の成り立ちや成長などが知れておもしろい。

 

2017年5月に読んだ本感想まとめ

2017年5月に読んだ本。

 

2017年5月は10冊でした。

 

10冊目標なんでクリア。

 

6月も同じ目標で。

 

#読んだ。人からの信用をきちんと得ていくことの大事さ、組織のルールを徹底しバラバラにならないように徹底していることなど仕事に対する姿勢や考え方など色んな仕事に通ずる事が多かった。 イメージと内容が違う本でした。

 

#読んだ。引き続き明治生まれの方々。おもしろい。

 

#読んだ。 著者の考えていることが分かる本。 個人的にはすこし冗長でした。

 

#読んだ。まあ相変わらず面白い。今回は特に、稲垣平太郎、大谷米太郎が面白かったな〜。 あと、だんだんパターンが分かってきた。

 

#読んだ。読み応えがある本。まさに今年起こっていることなども書かれている。経済的なことだけでなく文化的なこと軍事的なことまで範囲が広く書かれているので、アメリカにとってのこれからのアジアの位置づけをある程度細かく知るにはいい本。

 

#読んだ。依存してしまうのは手の届く範囲に手に入れられる価格であるからと言うのはその通りだなあ。逆だったとしたらハマりようがない。事例は違うけど似た話が続くので途中からパラパラ読みでした。

 

#読んだ。方向性としてこういう考え方は今後増えていくんだろうなと思う。経営の形としてこういう形もあるというのを知るのには良いと思う。 ちなみに自分は3分の1くらいは実行している、もう3分の1は理解は出来るが実行できていない、残り3分の1くらいは理解もあまり出来ていない、と言った内容だった。 こういうことが実行できると会社が伸びるのか、伸びるからこういうことが出来るのかは分からないが、理解できることはタイミングよく実行したいと思う。

 

#読んだ。中巻は上杉謙信の二十歳くらいまで。川中島の戦い毘沙門天が出てきてこれから楽しくなる予感!

 

#読んだ。PRとは?的なところの本質が書かれてる。 理解したら行動するのが大事だが、PRはクリエイティブ要素が強くで理解したからといってできるようになるわけではないのが難しいところ。 直近とりあえず1つか2つ、自分が考えてPRやってみようかな。

 

#読んだ。まだまだ明治生まれの人が続く。それぞれ面白かった。 経営とは関係ないが、広島に原爆が落ちた時のことを近くにいた人が語る描写はめちゃ怖いな。

spice lifeの10年を振り返ってみる、pocketerローンチ後

spice lifeの10年を振り返ってみる

からの続きです。

 

ちなみにpocketer(ポケッター)はローンチパーティも恵比寿のタワレコカフェでお金かけてやった。

100人以上に来てもらいサービスを見てもらい感想もらったりしたのでイベント自体は成功したけど、今なら、絶対もっとお金かけずにやる(苦笑。

始めた当初、自分は支出に対しての感覚が本当に甘かった。これは経営者になるとよりリアルに身にしみて分かることなのかもしれない。

今なら当然のように思えるが、損益分岐まで自分の予想通りにもっていけるなんてほぼない。さらに出費は予想以上にかかる。お金なくなったら倒産する。お金大事。

 

あと写真撮っといたほうが良かった。というかイベントなどで撮ったはずだがいま手元に残っていない。これは残念。

 

話を戻す。

pocketerローンチ後も粛々と機能を追加していた。

2007年8月ローンチの2ヶ月後の10月には写真共有サイトのフォト蔵livedoorPICSとの提携なども行い、使い勝手をよくしながら、認知を広めていた。

また、その頃はスマホはなく(iPhoneが日本で初めて発売されたのは2008年)、ガラケーだったが、11月にはガラケー向けも対応しガラケーから自分の名刺を作って買えるサービスを開始していた。今でも個人的にはガラケーから自分の名刺を作れるのは画期的だったと思っている。

 

他にも、『筆まめonline』と年賀コラボ企画やったり(プレスリリース)、レザーケースを販売したり、プロフィールサービスと連携したり、ケータイ公式サイトになったり(プレスリリース)と1年位は認知獲得のための企画を色々やっていた。

pocketerケータイ公式サイト

 

1年で認知はある程度広がっていった。しかしながら、売上はぼちぼち、とてもじゃないが単月で損益分岐まで持っていくことは出来ず、3人の人件費すら賄えずキャッシュを溶かし続けていた。

 

どう考えてもすぐに損益分岐まで持っていく事ができそうには思えず、やろうとしていた施策がもしうまくいったとしても数ヶ月程度の時間はかかるであろう、このままではかなりまずいと考え、自分個人からの借り入れを増やし、向こう半年分程度のキャッシュを確保し、さらにサービス単体で単月黒転できるまで、自分だけでも受託の仕事を受けようと決めた。

つまり赤字額を減らし時間をひき伸ばしながら自社サービスを成長させ、軌道に乗ったら受託を辞めて自社サービスに専念する、という考えに切り替えた。

それまでは自社サービスを伸ばすことに全員が専念していた。自社サービスを作り認知を広げ個人用名刺を作りたいいろいろな人に使ってもらうことが起業してやりたいことだったからだ。ただそうは言っていられない状態になった。

知り合いの企業に手伝えることがないかを聞いてみたところ、こちらの条件に合う仕事が見つかったので、受託の仕事を始めた。

 

そして、たしか3ヶ月位過ぎたころ、上述のフォト蔵を運営していた会社の社長の方から、

「pocketerってウェブでデザインして名刺を作れるサービスだけど、名刺じゃないんだけど似たようなことをやりたがっている人がいるんで興味あれば紹介したいんだけどどうですか?」

とメールをもらった。

話が面白そうだったのと、売上をもっと伸ばすためになんでもやろうと思っていたので会わせてほしいと返答し、数日後にオフィスで会うことになった。

そしてその紹介された人が、現取締役の鈴木健さんだった。

2008年の7月のことだった。

 

つづく。

spice lifeの10年を振り返ってみる

2007年5月7日創業の株式会社spice lifeは昨日5月7日に丸10年を迎えた。

10年長かったなとも思えるし、10年あっという間だったとも思える。

ただただコツコツと地道に知らないことを知るということをやってきただけに過ぎないようにも、失敗も含めいろいろなことがあったとも感じる。

 

今思い出せる話を書き残しておくのも良いかなと思ったので、今までの10年を思い出せる範囲で振り返ってみる。

ちなみに、起業した頃は10年後どうなっているかなんてまったく考えてなかった。

 

起業前から起業後に最初の自社サービスを立ち上げるところまで

  2006年12月末にそれまで勤めていた会社を退職し、1月からフリーランスとして前職の仕事を3ヶ月ほど受注、その間に起業準備を進めていた。

退職する前は、経営企画室の室長をしていた。働いていた会社の社長と近い立場で仕事をさせていただき、社長とよく一緒にランチをしたりもしていた。仲良く仕事をさせてもらっていたこともあり、自分が考えていることを正直に話していた。その会社は大きく方向性を変える時期で、経営企画室で考えていた新事業案はいったん棚上げすることが決まっていた。自分で考えた企画もあったので退職しその事業を立ち上げるために起業しようと考えていることは伝えていた。

 

無論、社長は退職に反対していた。そして、起業してビジネスを軌道に乗せることは本当に大変だというアドバイスをしてくれていた。

確かランチのときや電車で移動しているときなど含め何回かそういう話をしてくれたと思う。

が、その頃の自分は、

”だからといってやりたいことがあるのにそれをやらずにそのまま働き続けることは出来ないので、大変だから起業しないという話にはならないなあ”

と考えていた。

 

これは今思うに、実際に起業を経験している人からのアドバイスだったわけだが、起業するかどうかに悩んでいる場合であれば、このアドバイスは参考になったのかもしれない。ただ自分はあまりその言葉を受け止めていなかった気がする。まあ何を言われても自分が結局どうしたいかが大事だったんだろうなと思う。

 

起業してビジネスを成長させることはやったことのないことの連続、のんびりやっていれば倒産してしまうので大変なことなのは確か、そう考えると周りからはいったんは反対されるくらいのほうがいいのではないかとも思う。

 

3月半ば辺りからオフィスを借りるために準備を始めた。

その頃自分は東急東横線学芸大学駅の近辺に住んでおり、起業後すぐに数人採用することを考えていたため自宅をオフィスにすることは想定していなかった。

渋谷は賃料が高そうという勝手なイメージと、できれば自宅から近い方がいいが近すぎても嫌という理由で、中目黒や祐天寺付近で最初探していた。そして内見もそのあたりの物件を見ていた。

ただ見ているうちに、中目黒も高く、駅から離れている場所でなければたいして渋谷あたりと変わらないところが多いということが分かり、採用にも有利な渋谷でも探してもらうことにした。

そして渋谷区桜丘町の古いマンションの1室を見つけてもらった。渋谷駅から徒歩5分程度で広さも適度だった。

立地もいいし賃料も払える範囲だったためここにしようと手続きを進めた。4月下旬に借りることができ、その後に登記をしたためGW後の5月7日が登記日となった。自己資金での起業だった。

 

起業してやることは決めていた。

ウェブで自分でデザインしてそのまま購入できる名刺作成サービス

を立ち上げることだった。 

 

自分はこれからの世の中は個が活躍する社会になっていくと考えていた。

どこで働いているかがステータスになるような時代ではなく、個人が何をやっているかが大事になるだろうと思っていた。

またSNSが流行り、オフ会などでの交流も盛んに行われている時期だった。

会社の名刺での連絡先交換ではなく共通の趣味やハンドルネームをカジュアルに教え合うような用途に向いている名刺をウェブで簡単に作れればいいのになと思っていた。日本にはそういったサービスが見当たらなかったので、自分がそれを立ち上げようと思った。

 

ただし、自分ひとりではサービスを立ち上げることは出来ないのでエンジニアと企画、デザイナーを採用しようと考えていた。

信頼できるかつ興味がありそうかつ自分の役割を理解し自律的に動けそうなひとという基準で一緒に働いていた人に声をかけ誘い、エンジニアと企画とデザイナーの3人を見つけた。 ただ、デザイナーとは最終的にはジョインする前に話をし実際に入社してもらうことにはならなかった。

サービス自体は起業前から構想としてあったので初動からスピード開発、海外に同様なサービスもあったので参考にしながら3人で作っていった。ウェブサイトのデザインは外部の人にお願いした。

こうして、5月7日に会社設立、その後エンジニアと企画の2人のジョインを経て、

2007年8月1日、ミニ名刺作成サービスpocketerは立ち上がった。

 

いちおうの構想はあったとはいえ、そもそもオフィスに必要な道具やら家具やらもないというところから、サービス名も決まってない、開発環境もない、ウェブサービスの開発も1から、実際に名刺を作ってくれる工場探しと価格交渉やら業務フローの作成やらなど、3ヶ月弱でのローンチは上出来だったと思う。ただし、事前の調査や計画などは起業前に行っていたのでその期間を含めると半年以上はかかっているけれども。

 

オリジナルブログ名刺が作れるオンラインショッピングサービス、『pocketer(ポケッター)』を開始

 

f:id:tmix:20170502182430p:plain

 

うろ覚えで時期が前後しているかもしれないが、たしかこの頃に、渋谷区の創業支援資金も活用して借り入れもした。ちなみにその頃はVCなどその仕組や制度や存在すら知るわけもなかったが、仲間がお世話になっていた社長一人だけ、自分たちの事業をプレゼンしに話をしにいったことがあった。まあ、愛ある叱咤激励でこてんぱんにされたけども。

 

自己資金と借り入れがあれば、3人が1年は食べていける額が集まり、1年以内に単月で損益分岐できれば問題ない、個人の貯蓄もまだ少しは残っているのでなんとかなるだろうという考えで、自分がやりたいことを実現した嬉しさや、仲間と楽しんで仕事をしている充実感が大きく、ビジネスの厳しさはその頃は感じてはいなかった。

 

続く。

 

追記:

続きはこちらからどうぞ。

spice lifeの10年を振り返ってみる、pocketerローンチ後 - 新ECおもろ

2017年4月に読んだ本感想まとめ

2017年4月に読んだ本。

 

2017年4月は10冊でした。

 

10冊目標なんで達成!

 

5月も同じ目標で。

 

#読んだ。難しそうなことがめちゃめちゃ分かりやすく書いてある。今な本。

 

#読んだ。ゴーンさんの経営論って本読んだときも感じたが、超巨大企業も経営者のやってることの本質は変わらないんだな〜と感じた。経営者にとって良本。

 

#読んだ。経営者向けではなく、20代30代の学生や社会人、どちらかというと変化を好むより保守的な人向けに書かれた本でした。内容については同意することが多かったがこの本オリジナルな感じの箇所はなかったかも。

 

#読んだ。シリコンバレーのクレイジーな天才たちがどんな生活をし、何をしようとしているのかが分かる。 天才でも成功するのはほんの一握りなんだよな〜。 厳しい現実を垣間見れ、精進せねばと思わせてくれる本でした。

 

#読んだ。 めちゃ読みやすい。 相手を考え喜ばせるって大事。伝え方で人間関係も変わり、人生が変わっていく。 そのための基礎のような本でした。

 

#読んだ。正直読みづらい。が、読めば世界情勢がかなり分かる。 世界はいずれ1つになるというのは幻想だなあこの本読んでしまうと。ただ1つになる必要はなく、お互いを認めていければいいわけだけども。 ちなみに、日本は独自の文明圏かつ孤立国として分けられてました。 これはまた読むと思うので手元に残しておきたい本。

 

#読んだ。組織設計概論を読んでよかったのでこちらも。分かりやすい。ビジネスで戦略について考えるときにさらっとでも読み返したい本。

 

#読んだ。難しいことが読みやすく分かりやすく書かれていてまずそれがびっくり。読んでいて気持ちがいい文章。それでいて深い。 第1章と付論は特に引き込まれた。 いずれまた読み返そう。

 

#読んだ。まだまだ明治生まれの人たちの話。おもしろい。

 

#読んだ。2050年の社会がどうなっているか、未来を見れる。 車は編まれ、住宅は印刷され、衣服は発電しているらしい。 もし自動運転が当たり前になった社会とはどういう社会なのか、そこでの人の生活はどうなっているのか、想像すると面白いしそこにビジネスチャンスがある。未来はチャンスだらけ。