読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新ECおもろ

ECのちょっと先の未来を妄想してます。

2015年8月に読んだ本感想まとめ

2015年8月に読んだ本。 

 

2015年8月は13冊。

 

8月は3日に1冊ペース(つまり月10冊)目標だったので目標達成。

仕事の状況から9月も同じ目標にしておく。

 

 

No.1理論―「できる自分」「強気の自分」「幸せな自分」 (知的生きかた文庫)

#読んだ。マインド的な話。自分のマインドで足らないところを確かめた感じ。会社のトップの人にはオススメ。

 

No.2理論: 最も大切な成功法則 (能力開発の魔術師・西田文郎)

#読んだ。No1理論、の続編?内容はこっちのほうが面白い。 No1のほうはマインドの話だが、こちらNo2はマインド&振る舞いのどちらにも触れている。
No1とNo2は役割がぜんぜん違う。No2がイケてないと会社は大きくならないらしい。たしかにそうかもしれない。
No2はどういうふうに立ち振る舞うべきなのかが分かるので、No2の人、No2になりたい人にオススメ。

 

マーケット感覚を身につけよう---「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法

#読んだ。濵口さんとの対談記事が面白かったんで買ってみたが、期待を上げすぎてしまった、という印象。

 

佐藤可士和の打ち合わせ

#読んだ。著者の本数冊読んでこの人の本は自分には必要ないと思っていたが、この本は長く売れているみたいなので気になり買ってみた。 内容は基本中の基本、だけどなかなかできないようなこと。 これをきちんとこなしていれば確かに仕事が捗るだろうなと思える。 そういう意味で再確認できた本でした。

 

たった1日で声まで良くなる話し方の教科書

#読んだ。話し方を体系的に学びたいと思い買った本。なるほどなー、けっこう良い内容。人前で話すことが多い人にはオススメ。

 

シャオミ(Xiaomi) 世界最速1兆円IT企業の戦略

#読んだ。この本は良い!シャオミってやっていること1つ1つはネット業界ではよく言われていることだしやっている所も多いけど、それをすべて合わせるとまったく新しく、ここまでやっている企業はない。 この企業の凄さを分解して見ていくと当たり前になっちゃうんだけどw、その合わせ方が凄いというか。

 

鈴木さんにも分かるネットの未来 (岩波新書)

‪#読んだ‬。ネット業界以外の人が読んで分かるんだろうか、という印象。タイトルがなんとなく他業界のインターネット世代でない人たちでも分かる、というニュアンスがあったので。 著者の言葉遣いは自分とぜんぜん違うので、おんなじような事を思っていても言い方が全く違くて面白い。示唆に富んでました。

 

社長、そのデザインでは売れません!

#読んだ。もっと軽い内容を想像してたけど、深く学びが多かった。社長向け、というわけでもなく仕事に何かしらデザインが関わる人に広く #オススメ。

 

日本をはみ出る

#読んだ。対談本と思ってたけどそうじゃなかった。 個々の話はあんまり響かなかったけど、海外に出て日本の良さ悪さが分かるというのは共通していた。 やはり井の中の蛙ではいかんのです。

 

世界の投資家は、日本企業の何を見ているのか?

#読んだ。これは誰向けの本なんだろう。そこがいまいちつかめなかった。内容は提言的なことでした。

 

エスプリ思考: エルメス本社副社長、齋藤峰明が語る

#読んだ。著者が気になって買った本。エルメス副社長の齋藤さんについての本、って感じ。高級かどうかではなく、歴史がある企業は独特の風格があるね。エルメスもそんな雰囲気を感じた。

 

なぜ、この企業に惹かれるのか

#読んだ。アップルとユナイテッドアローズの章が面白かったけど、だいたい知っていることでもあった。 10年前の本なので情報が古いところもあるが面白く読めた。

 

社長とランチ―なぜこの会社は人の心を惹きつけるのか

#読んだ。社長とランチしながらの対談、ってことではなく、会食のようではなくランチのような気軽さという意味合いだった。 なので読みやすい。 ここに載っている人で気になる社長が一人でもいれば読んでみるべき。