読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新ECおもろ

ECのちょっと先の未来を妄想してます。

Warby Parker(ワービーパーカー)のTechCrunch2012/09/09記事訳

WarbyParker EC

Warby Parker(ワービーパーカー)のTechCrunchの記事を意訳してく。

主に自分用(spice life用)なので、誤訳もあるかもしませんがあしからず。

 

Warby Parker(ワービーパーカー)は2010年2月創業。

この記事は2012年9月なので、創業から2年7ヶ月後の記事。

 


Warby Parker Sees Its Way To $36.8M Of A $40M Series B Round, Led By General Catalyst | TechCrunch

 

タイトル:ワービーパーカーがGeneral Catalystリードで40百ドルでシリーズBの資金調達をした模様

内容

David GilboaとNeil Blumenthalは昨年、メガネ業界に新しい風を起こすためにワービーパーカーを創業した。このNYのスタートアップは95ドル(今は送料も返却も無料)でおしゃれなメガネを販売することで爆発的な人気を得ている。昨年の初め頃、2回のラウンドで注目すべき投資家たちから13.5百万ドルを資金調達した。

 

金曜日のSECがリリースしたFormDによると(ちなみにこれはFortuneが最初に取り上げていた)、36.8百万ドルを新たに獲得したようだ。この報告書によれば、40百万ドルの価値で36.8百万ドルをすでに調達、まだ3.19百万ドル分を残している。

 

ただPrimackは指摘している、金曜のこのとても大きな調達は少し注意すべきである、なぜならそのスタートアップはワービーパーカーとしては実際には載っておらずむしろJand, Inc.として載っているからだ。このSECの報告書から集めることができるのは、General Catalystがこのラウンドをリードしていること、 Joel Cutlerがそのスタートアップの取締役に就任したことだ。

 

ワービーパーカーはいままで2回のラウンドで13.5百万ドルを資金調達している。シードラウンドの1.5百万ドルはSV AngelとLerer Venturesから、続く昨年9月のシリーズAの12百万ドルではTiger Global, Menlo Ventures, First Round Capital, Lerer Ventures,Thrive Capitalが参加した。

 

資金調達についてより詳細が分かり次第、またお伝えする。