読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新ECおもろ

ECのちょっと先の未来を妄想してます。

Warby Parker(ワービーパーカー)のTechCrunch2012/04/26記事訳

Warby Parker(ワービーパーカー)のTechCrunchの記事を意訳してく。

主に自分用(spice life用)なので、誤訳もあるかもしませんがあしからず。

 

Warby Parker(ワービーパーカー)は2010年2月創業。

この記事は2012年4月なので、創業から2年2ヶ月後の記事。

 


Look, See: Warby Parker Launches $150 Prescription Shades | TechCrunch

 

 

タイトル:ワービーパーカーが150ドルのサングラスを販売開始

内容

サングラスを買いたいならいくらでも売っているが、問題はそのほとんどが値段が高いことだ。なのでDavid GilboaとNeil Blumenthalは昨年ワービーパーカーを始めた。オンライン上で95ドルでデザイナーズメガネを売ることによってメガネ業界に新しい生命を与えている。このNYをベースとしたスタートアップは13.5百万ドルをbunch of notable investorsから資金調達したが、それから成長が加速している。

 

通常のメガネやサングラスを両方ともオンラインで提供していたが、太陽が眩しい時にかけるかっこいいサングラスを提供していなかった。今日150ドルというリーズナブルなサングラスを新たに提供した。

 

このローンチの一部として今まで視力矯正用としてしか使えなかったサングラス16種類が、矯正しなくてもどちらでもつかえるようになった。新しいランディングページには27種類用意されている。

 

ワービーパーカーの魅力の一部の”1つ買うと1つ寄付する”取り組み、これはTOMS Shoesと似た取り組みだが、もまた続いている。昨年、必要な人に10万個のメガネを寄付した。これは本当の話だ。

 

素晴らしい話であるが、我々はもう少し競合の例えばグーグル・グラスのようなラインを始めるのも見たい。かっこよく、スマートに見える?そうなら10億ドルの価値がある。すくなくとも。もしかすると20億ドルかもしれない。

 

もっと見たいなら、このページを見て欲しい。創業物語はここにある。