読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新ECおもろ

ECのちょっと先の未来を妄想してます。

Warby Parker(ワービーパーカー)のTechCrunch2012/02/03記事訳

Warby Parker(ワービーパーカー)のTechCrunchの記事を意訳してく。

主に自分用(spice life用)なので、誤訳もあるかもしませんがあしからず。

 

Warby Parker(ワービーパーカー)は2010年2月創業。

この記事は2012年2月なので、創業から2年後の記事。

 


The Founders of Warby Parker Talk Wire Frames – And The Hipster Question | TechCrunch

 

タイトル:ワービーパーカーの創業者がワイヤーフレームメガネとヒップスターな質問に答える 

内容

今週の初めのCrunchiesの間、私たちはワービーパーカーの創業者たちに楽屋インタビューを行った。(この時私は彼らのメガネをかけていたが彼らはこれに満足していたようだ。)

 

ワービーパーカーの「Buy a Pair, Give a Pair(1つ買うと1つを寄付します)」プログラムの詳細については上の動画を見てほしい。そして角縁[べっこう縁]の眼鏡の換えを探しているあなたに良いニュースがある。ワイヤーフレームのメガネが開発途中であるそうだ(春先にはまだできないそうだが) 。

おっとそうだ、また我々は、創業者たちをヒップスター(流行に敏感な人達)のようだと人々が話すとき彼らは何をするのか聞いてみている。

 

ワービーパーカーは、2011年ベストショッピングアプリとしてCrunchiesにノミネートされた。最終的に2位に選ばれたが(Fabが1位だった)彼らが最近発表した年次報告では2011年を通して高成長を示していて、彼らは非常にがんばっているようだ。

 

昔ながらのメガネ屋では200ドルから300ドルもしくはそれ以上するスタリッシュなメガネを、100ドル以下の価格で販売しているワービーパーカーは、メガネを試してもらうため5組セットで送っている。これによりあなたはPCで快適に買い物ができるのだ。