読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新ECおもろ

ECのちょっと先の未来を妄想してます。

2012年10月に読んだ本感想まとめ

2012年10月に読んだ本。

 

2012年10月は15冊でした。

 

すぐに使えてガンガン集客! WEBマーケティング111の技  

読んだ。はっきり言って基礎的なことしか書いてない。だがそれでもこれだけ並べられるといくつか知らないことあるもんだねw。知らないことあるか確認するのに役たった。ウェブでのショップ立ち上げとかサイト立ち上げの知識に自信がない人にはオススメかも。 

 

究極の顧客サービス「ザッポス体験」 ―顧客も社員も幸せにする5つの法則  

ザッポスの見学する前に読んどくかと思い読んだ。会社やサービスの規模にもよるとおもうが、自分にとってはちょうどいいタイミングで読めた感じがするな。これからサービスが大きくなったときにまた読み返したい本。ユーザーサポートの話だけでなくて、会社内の人間関係や会社の環境づくりなど、うちの会社の模範にしたいなー。 

 

アントレ・リーダーの「情熱」仕事術: 起業家精神でチームを導く  

読んだ。濃いなーこれは。おかげで読み終えるのに時間がかかったw。それだけ色々勉強になること書いてあったなあ。起業したい人や部下がいる人などにはすごいおすすめです。 

 

運をつかむ技術: 18年間赤字のハウステンボスを1年で黒字化した秘密  

読んだ。副題の”18年間赤字のハウステンボスを1年で黒字化した秘密”ってあんまり具体的に書いてない気するw。でも内容は面白かった。 HIS立ち上げの経緯とか、そこにいたるまでの話とか成長の速度とかの方が自分的には面白かった。 やはり自分は世の中の問題を解決するというのが分かりやすい事業が好きなんだなあと思った。 

 

新規事業がうまくいかない理由  

読んだ。企業内起業にフォーカスした本だったのでドンピシャで参考になるところは少なかったけど内容は面白い本です。ベンチャー起業と企業内起業はどう違うか/どこが同じか、が分かる。起業したい人にはオススメだけどそれ以外は必要ないかもね。 

 

会いたい人に会いに行きなさい あなたの人生が変わる「出会い」の活かし方  

読んだ。本のタイトルに関連する部分は最初の方だけなんだよなこれ。読みやすいのでさくさく読めるんだけど、いまいち何のための本なのかよく分からない。もちろん書いてあることは真っ当なことだけどね。。。 

 

大きく、しぶとく、考え抜く。―原田泳幸の実践経営論  

読んだ。原田さんって、ものすごい高みで戦ってるなあ。経営者として尊敬する。自分もまだまだまだまだ。高みへと登らなければ。そういうことが分かる本です。 

 

影響力の武器 実践編―「イエス!」を引き出す50の秘訣  

読んだ。pubconのkeynoteで興味持ったチャルディーニさんの本。これは素晴しい本だわ。これ読んでからkeynote見てたら全く違っただろうなー。このおじさん誰なんだろ、とおもってたくらいなんでw。ファンになりました。商売やっているひとなら勉強になること多いと思う。 

 

模倣の経営学―偉大なる会社はマネから生まれる―  

読んだ。ヤマト宅急便、スターバックスとドトール、グラミン銀行、ライアンエアあたりの話がめっちゃおもろい。
事業について徹底的に考え抜き、これだとなったら一気に攻める、この姿勢がなければ大きな成功はないなと実感できる。
今でこそ一般的な企業が、いかにしてそうなったのか、それはマネから始まってるというのが分かる。マネでいいんだよ、どんどんいいとこはマネてきゃいいじゃんと思うし、自分はそうする。
”缶コーヒーと言ったら?という質問、一番多いのはUCC、だがしかし実際の売上一位はジョージア” というのもあった。
ようはブランディングにはUCCは成功しているんだが、売上では一位ではないということなんだが、なんで一位じゃないのかとかも含めて確かになーと思うこと多かった。 

 

僕たちがスタートアップした理由  

読んだ。今の自分にはあまり役に立たなかったな。5、6年前ならもっと違ったと思うけど。受託や個人事業主としての起業でなく、資金調達して一気に世界を変えるような事業で起業したい人にオススメです。 

 

ワンクリック―ジェフ・ベゾス率いるAmazonの隆盛  

読んだ。。。ここまでベゾスのことを追った本ってなかったんじゃないかな。起業前から起業、ネットバブル、ザッポス買収、などについて触れられていて、知らないこと多くて面白い。今は大成功している会社でも絶対最初苦労してるよねホント。ベゾスが宇宙旅行事業の会社も持ってるの初めて知ったわー。 

 

やんちゃであれ! (U25サバイバル・マニュアル) (U25 SURVIVAL MANUAL SERIES)  

読んだ。バイマでいま注目のエニグモの経営者2人の本。読み物として面白い。めっちゃ楽に読めるし。自分は仕事の役に立つような本を買って読んでいるんだが、まあこれは仕事の役には立たないかなw(あくまで自分的にはです)。起業したばかりのころは缶ビールが贅沢品になった、それでもその先うまくいく自信があったから苦じゃなかった、のくだりは胸熱です。  

 

アキバとミャンマーを結ぶ!―中年ITベンチャーの挑戦  

読んだ。最近ミャンマーが気になるので、買った本。本のタイトルが薄っぺらくて大丈夫かなと思ったけど、中身はすげーまともだった!ちなみに、ミャンマーでこんなんで起業して苦労の末成功したストーリーが語られる、とかではないです。 ミャンマーの文化や人について触れ、ミャンマーだけでなく周辺アジアとのビジネスの可能性の比較などもあり、ミャンマーラブなバイアスはなく冷静に分析しているのでその辺知りたい人にオススメです。 

 

ササッとわかる近視矯正手術「レーシック」で失敗しない本 (図解大安心シリーズ)  

読んだ。中身はまあ正直ネットで色々調べれば分かる内容だったと思うけど、面倒だし、これ読めば分かるという意味でよかった。 

 

大富豪インド人のビリオネア思考  

読んだ。帯につられた感あるなw。インドで知られるジュガールとやらの話。まあ簡単に言えば、”考えて、行動しよう、前向きにね”ってことですな。インド独自ということもなく、自分的にはよく聞く話でした。